旅行の時にはアフターピルは忘れない!いざという時の避妊薬

メニュー

先発薬とジェネリック

アフターピルとは、もし妊娠を希望していないにも関わらずできていしまった時に、SEX後72時間以内に服用する緊急の避妊薬になります。
これは薬で回避できる最後の方法とされ、"中絶"という苦しい選択をとる前にからだに負担をかけることなく妊娠を回避することができます。
ここからは「ノルレボ」やそのジェネリックである「アイピル」などについて詳しい解説を行っていきます。

【2つの避妊薬の違い】
この2つに含まれる成分はどちらも「レボノルゲストレル」というものが含まれています。
違いは先発医薬品であるか後発医薬品かになります。
後述しますが、服用時に得られる効果に違いはありません。
ただ大きく異なるのはその薬価です。
・ノルレボ…1万円以上
・アイピル…800円前後
病院で処方を受ける場合、アフターピルは保険の適用を受けて処方してもらうことができません。
つまり、全額を自費で負担しなければなりません。
しかも
1錠に1万円以上かかるので負担は大きいはず。
なので成分も効果も変わらないジェネリックであるアイピルがオススメ。
これは海外通販などでカンタンに購入することができ、前もって購入しておくことで緊急時に焦る必要もありません。

【アフターピルの作用】
作用には2つあります。
・排卵をストップ
・子宮内膜が増殖することを抑える
まず妊娠が成立するには、受精卵となることが必要不可欠。
なので排卵を抑えることで受精卵となる機会を失わせることができるので、妊娠の成立を防げます。
子宮内膜は受精卵が着床する場所です。
これが十分に増殖しないことで、着床を防ぐこともできます。
つまり、排卵後であっても妊娠を回避することができます。

【副作用】
避妊薬の服用で避けることができないのが、副作用。
これは女性のからだのホルモンのバランスに大きな変化を与えることから起こると考えられています。
・吐き気
・頭痛
・倦怠感
・めまい
また「軽い出血」が多いとされます。
1錠のみの服用となっているので、症状も一時的なことで治まります。